お子さまをお連れの方は、「チームワーク」でサポートすべし

お店には、小さなお子さまをお連れのお客さまがいらっしゃいます。

お子さまがお店の中で動き回ったりしていると、お客さまが気を取られてしまい、お買い物に集中できなくなるものです。

そんなお子さま連れのお客さまは、ぜひ「チームワーク」でサポートしましょう

 

「お客さま担当」と「お子さま担当」を分担しよう

ポイントは、「お買い物をされるお客さまの応対係」と、「お子さまのお世話係」とに分かれて接客することです。

お客さまの応対係はじっくりとご案内差し上げることができますし、落ち着いてお買い物を楽しむことができます。

お子さま担当がいることで、他のお客さまへご迷惑をおかけすることや、目の届かないところでお子さまが不意な事故などを起こす危険性も避けられます。

お子さま担当がうまくお世話に成功すれば、お客さまの好感度アップや、お買い上げも期待できます。特に、お客さま応対に慣れない新人の方は、状況を読みつつ、進んでお子さま担当に回るのがよいでしょう。

お子さま用グッズがあると、なお安心!

お店に、おもちゃやぬいぐるみなどお子さまの興味を惹くグッズを常備しておくと役立ちます。

ただし、お菓子などの食べものは、各家庭の方針やアレルギーなどの問題があります。安易に差し上げないようにしましょう。

【PR】接客スタッフを動かす人海戦術を学ぶなら。【公開講座】「接客・接遇リーダー研修~組織のおもてなし力を向上する」

 

BtoC/BtoBの接客・接遇マナーから、ビジネスコミュニケーションのいろはまで。
お客さまとの関わり方に迷うあなたに贈る、「お客さまに選ばれる」ための接客・接遇スキルアップを応援するWEBメディアです。

to top