警察へ相談するときのポイント【本文を試し読み!改訂版『クレーム本』刊行特集 第8弾】

\ ついに発売! /
『ポイント図解 クレーム対応の基本がしっかり身につく本 改定版

2018年3月24日(土)
通称「インソースのクレーム本」改定版がついに発売!

読者のみなさまから多数のご要望をいただいていた、
警察に相談すべき悪質なクレーム〉〈外国人の方からのクレーム
シニア層へのクレーム対応〉〈クレーム対応者のメンタルヘルス〉などを新たに加筆。

今だからこそ知りたい、クレーム対応テクニックのすべてをギュッと凝縮した一冊です。

今回は「新・クレーム本」刊行記念として、本書の一部を特別に大公開!
本書のコンテンツを少しだけ、無料でお試し読みいただけます。

【発売日】2018年3月24日(土)【価格】1,300円(税別)【出版社】株式会社KADOKAWA
全国の書店、インターネット通販サイトにてご購入いただけます。Amazon.co.jpでのご購入はこちらから

 

\ 本文をお試し読み! /
警察へ相談するときのポイント

★★★ 本章について、インソース編集部からのコメント ★★★

暴力・脅迫行為を含む悪質なクレーム事例が増えてきています。
悪意あるクレームは、ときに法的手段を取りつつしっかり解決するのがベストです。
とはいえ、多くの方が「どのような状況なら警察に相談できるの?」と疑問にお思いのはず。
本章では、悪質なクレームで警察の手を借りる前に知っておきたい、基礎知識をご紹介しています。( 制作統括:下地 )

■犯罪行為があったときは、警察に届け出る

金銭的な要求や悪意のあるクレームがあった場合、解決を早めようとして相手の要求に安易に応じてしまうと、何度も同じような要求をつきつけられるおそれがあります。

自分だけで判断せず、上司や法務担当者と相談し、速やかに警察に相談するようにしましょう。

たとえば、殴られるといった暴力行為はもちろん、胸ぐらをつかまれた場合も暴行罪で現行犯逮捕が可能です。

大声を出して暴れるなど、通常の業務ができない状態は、威力業務妨害にあたります。器物破損なども犯罪行為です。

また、威嚇行為や暴言などが連日のように繰り返され、状況によっては応対者側が心的ストレス(トラウマ)を追う場合は、傷害罪が適用される可能性があります。

このように、クレームがエスカレートして犯罪行為が生じた場合には、速やかに警察に相談してください。

「こちらにも落ち度があり、警察沙汰にするのはちょっと……」と表面化することを恐れて、内々に留めておくケースがしばしば見受けられます。

しかし、そうしてしまうと、問題が長期化・深刻化します。結果的にさまざまな面で不利益が発生することになりかねません。「問題」は、放置するより、きちんと解決しておくことが重要なのです。

★本章の続きは、2018年3月24日(土)発売
『ポイント図解 クレーム対応の基本がしっかり身につく本 改訂版』で――――!

【発売日】2018年3月24日(土)【価格】1,300円(税別)【出版社】株式会社KADOKAWA
全国の書店、インターネット通販サイトにてご購入いただけます。Amazon.co.jpでのご購入はこちらから

 

各業界での実績多数!「クレーム対応研修」なら、インソースで。

インソースの「クレーム対応研修」、他社とはココが違う。インソースの研修づくりのこだわり

短時間でさくっと学ぶ! 1名さまから参加できる、インソースの「公開講座」

【公開講座】クレーム対応研修~苦情対応の正しい手順を学ぶ

【公開講座】クレーム電話対応研修

【公開講座】クレーム対応力レベルアップ研修~対応の難しい苦情対応のスキルを向上する

課題にあわせて、研修カリキュラムをオーダーメイド。インソースの「講師派遣型研修」

クレーム対応研修(半日間)

クレーム対応研修 ~電話応対基本編(1日間)

クレーム対応研修 ~2次対応スキル習得編(1日間)

クレーム対応研修 ~外国人対応も考える編(1日間)

クレーム対応研修 ~困難クレーム対応編(1日間)

クレーム対応研修 ~組織の対応力を高める業務改善編(1日間)

 

BtoC/BtoBの接客・接遇マナーから、ビジネスコミュニケーションのいろはまで。
お客さまとの関わり方に迷うあなたに贈る、「お客さまに選ばれる」ための接客・接遇スキルアップを応援するWEBメディアです。

to top