お店にまた来たくなる!「リピーター」をつくる4つの心がけ

お店を長く経営するためにも、お店に好んで足を運んでくれる「お店のファン」をぜひ増やしたいものですね。
BtoC、BtoBの取引形態を問わず、「リピーター」となるお客さまの獲得は、経営上きわめて重要な課題のひとつです。

 

(1)お礼は「目を見て」笑顔で述べる

お客さまとお別れする際には、相手の目を見ながら笑顔で、
「本日はどうもありがとうございます。またよろしくお願いいたします」
……と、心を込めて申し上げます。

出口や売り場の端でお見送りする場合は、
「ありがとうございました。またお越しくださいませ」
……と申し上げ、最後に一礼(腰を約45°倒す「最敬礼」)をしましょう。

● 相手の「目」を見て、お礼を述べること

● 「またのご来店をお待ちしております」など、再度のご来店を言葉ではっきりお願いすること

この2つがポイントです。

【あわせて読みたい】:元・ホテルマンに学ぶ、「美しいお辞儀」の作法

(2)「お客さまの名前」を口にする

お客さまのお名前がわかる場合は、「○○さま、本日はありがとうございます」などと、お名前を口に出しましょう

積極的にお名前を覚えてお呼びすることが、「ちょっと特別な扱いをしてもらえたかも!」というお客さまの気持ちを醸成します。

(3)今後のセール情報などをお伝えする

「来月は特別セールがあるんです。ぜひお越しくださいね」「〇週間後には、季節の新作商品が入荷しますよ」
……など、「またお店に来てみようかな」と思えるお得な情報をお伝えするのも、リピート来店を促すコツです。

(4)お礼状をお送りする

お客さまへのDM(ダイレクトメール)送付に許可をいただけている場合は、
「ご来店へのお礼状」や「季節のあいさつ状」、「特別セールのご案内状」などを都度お送りするのも、効果的です。

「店員からの手書きの一言」などのサプライズがあると、なおよい印象を与えます。

メルマガ配信などの取り組みを行っている場合は、お会計の際にご案内をします。
しかし、個人情報の受け渡しですので、「その場での会員登録を強く迫る」などの対応をしないように注意しましょう。

【PR】「戦略的おもてなし術」を学ぶなら。店長・マネージャー向け【公開講座】実施中

【PR】マーケティング基礎を約半日で学ぶ!インソースの【公開講座】全国で実施中

 

BtoC/BtoBの接客・接遇マナーから、ビジネスコミュニケーションのいろはまで。
お客さまとの関わり方に迷うあなたに贈る、「お客さまに選ばれる」ための接客・接遇スキルアップを応援するWEBメディアです。

to top